構医業務規範

「構医業務規範」とは、2002年1月1日付で日本構造医学研究所が掲げた、構造医学の立場で業務を行う場合に遵守しなければならない規範です。

 

この規範は序として、「医業およびこれに類する業務についての構造医学の立場からの実施要領は、各々が所持する資格あるいは社会に認知されている業務範囲に沿い、個別的責任と判断の上に立って行使されなければならない。」と示されており、具体的な実施範囲と要領として、冷却法や治具の活用といった物理療法、食事や歩行等の生活指導の活用、構造医学の原理の活用、各種疾病形成因子の排除を目指すこと等が定められています。

 


※会員専用コンテンツにて全文を掲載しております。