構造医学とは、現代医学と伝統医学を補完する医学

物理工学と医療の二つの視点から人体を解析し、構造主義を用いてその手法を伝えていく。
言葉にすると難しいですが、研究や活動のすべては、「人の健康に資する」ことに帰結します。
私たちは医療の本質を常に見据え、医療と福祉に貢献し続けています。
構造医学について

構造医学の在り方は、
現代の医学と共存するものです

すでに罹患している病気だけでなく、自覚症状のないものや、明確な病名のない未病に対して、その治癒・原因を排除することを目的として研究や診療を行っています。
構造医学の基本である、重力が生命に与える影響や、生理冷却の重要性等は創始当時の医療の常識とは異なるものでしたが、今日まで変わることなく実践され、その効果を証明し続けています。

構造医学は創立40周年を迎えました

構造医学創立40周年記念式典のお知らせ

構造医学は1980年に発足し、延べ2万人もの医療者を育んで参りました。
創立40周年を迎え、これまでの歴史を改めて振り返り、思い出話に花を咲かせるなど、皆さまと共に喜びを分かち合いながら、さらなる発展を願いたいと存じ、来たる9月13日(日)に熊本にて記念式典および特別講演を開催いたします。
当日皆様にお目にかかれますことを心よりお待ち申し上げております。

開催日時:2020年9月13日(日)午後1時~5時
開催地:ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ 2階ストリングス
日本構造医学研究所
構造医学研究財団
組織案内
新型コロナウイルスの感染拡大防止策を受けた
財団会員への支援について

このたびの新型コロナウイルスに罹患された皆様と、感染拡大により生活に影響を受けられている地域の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
構造医学研究財団では、政府及び各自治体から外出・移動の自粛要請が出ていることを受け、継続摂取が肝要な健康食品類と、一般の方や初心者の方でも扱いやすく開発されたアスリートメンブレンのご注文ついて、支援策を実施いたします。

該当製品の個人宛直送をご希望の方は、下記のバナーイラストから専用申込フォームにアクセスし、必要事項を記載の上送信してください。
※パスワードが必要となるページです。

構造医学正規セミナー「地球環境問題医療者会議」について

構造医学を学ぶための正規セミナーは、「地球環境問題医療者会議」と命名され、現在では年間2講座を開設しています。受講に当たっては必ずしも医療者である必要はなく、現在受講されている方の中には諸学者や教育者の方も多々おられます。
当セミナーは原理を用いた治療方法や考え方だけをお伝えするものではありません。本来の目的である「人の健康に資する」ために、目の前の病気やけがを治すこと以外に何ができるのかを考えるセミナーでもあります。

  • 実習用に開放している転子類の説明をしている写真
  • 構医本草(食品)について話し合っている写真
  • 地球環境問題医療者会議 本質編の講義
  • 地球環境問題医療者会議 基幹技能編の講義
  • 構医認定講師による実習の写真
  • 吉田先生による処置の写真
  • 構医認定講師による実習の写真

製品紹介

各種医療機関等を通してお買い求めいただける製品をご紹介いたします。
また、お近くに取り扱いのある各種医療機関等がない場合はお気軽にご相談ください。

日常生活機能保全具

尾部の圧迫を回避し、脊柱の発育不全や側弯症の予防を考慮した椅子や座板、胸郭過拡張を予防・改善するバストバンドをご案内いたします。

就眠補助機能装具

施術中に使用する仰臥時以外に、就寝時や移動中にご使用いただける枕のご案内です。

境界層シリーズ

境界層メッシュは吸湿・蒸発熱放散による排熱作用があります。また保護効果により通常よりも早く症状が治った事例も観察されています。

構医本草(食品)

日常生活で不足している栄養素を補うための食品です。一定の期間(3ヶ月程度)を目安に体にあったものをお選びください。

療具(療養補助具)

構造医学を学んでおられる方にご提供している、療具(療養補助具)のご紹介です。

会員限定コンテンツ

各種書籍のダウンロードの他、製品一覧や会員限定のお知らせ等を閲覧することが可能です。