構造医学とは

構造医学とは重力が生命に与える影響と生理冷却に着目した補完医療です。

構造医学の成り立ち

医療の在り方を考える人
  • 医療者として教わったとおりに実践したのに、
    教わったこととは逆の結果になったり、
    長期的に見て良いとは、とても思えない状態になったりする
  • 最初は、己の理解や技術が足りないからだと考えた
  • 必死になって勉強し、研鑽を続ける内に、
    教わった医療は、その経緯が何か違うのではないかということに気付いた
  • 人を救うべき医療のあるべき姿はこれだけで良いのか

学問と医療行為

学問と医療行為の両立

構造医学を学ぶためには

構造医学を学ぶ方には、病気やけがに対する治療の選択肢を広げたいといった方の他に、自らが目指した医療の原点に立ち還り、門戸をたたかれる方がたくさんいます。
患者はもちろん、診療者にも負担のない医療こそが構造医学の求める像です。熟練の技を持つ診療者ひとりに負担をかけず、理論に基づき開発した療具(療養補助具)によって診療者全体の意識と診察力の向上を図ることで、より多くの人を救うことが出来る世界を目指しています。
また、無闇に現代医療の恩恵を断ち切るような処置や指示は一切禁じており、現代医療に寄り添う処置を行っています。

構造医学を学ぶ機会

構造医学に興味を持たれた方は、構医教育機構へお電話(096-212-8288)いただくか、またはお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。
ご要望に応じて、正規セミナーのご案内や資料の送付等を行わせていただきます。