構造医学とは

構造医学とは、1980年に一臨床家であった吉田勧持が創始した学問です。

構造医学には学問としての側面と、補完医療としての側面がありますが、構造医学の在り方は医道であり、現代の医療とも共存するものです。


学問としての構造医学

構造医学の命名における「構造」とは、人体構造の「構造」だけではなく、構造主義的な視点で患者を観るという構造医学の論理的枠組みの「構造」でもあり、また、社会構造における医学を考えるという哲学的な思想における「構造」でもあります。

構造医学を理解したとき、その適用範囲は医療のみならず様々な局面において応用可能です。


補完医療としての構造医学

構造医学は、創始者が参考とした膨大な古書から受け継がれた伝統的医療と、長年の研究の成果により構築された先進的補完医療により、顕病の平癒だけではなく潜病の発見及び平癒、更には未病の疾病形成因子の排除までを目的として、療具の活用による安全で的確な非観血外科処置及び生理冷却等の処置と、歩行や食事に関する生活指導を行います。

なお、構造医学による診療の立場は基礎生物学(生物物理学及び進化生物学)を踏まえて現代医療の制度と共に歩み、一人でも多くの人を救うことであり、無闇に現代の医療の恩恵を断ち切るような処置や、各々の資格及び責任では対応できないような処置は厳に禁じております。